カードローンで即日融資を受けるための条件

即日でカードローンの融資を受ける条件

カードローンは昔からスピード融資を売りにしてきましたが、最近のカードローンは特に融資までに必要な時間が短くなっています。

ネットが普及したことで、郵送による審査・手続きを簡略化できたのが大きいです。大手ローン会社のWEBサイトを見ても、最短即日で融資と記載されていることが多いでしょう。

そこでカードローンの即日融資を受ける条件ですが、明確な条件は各カードローン会社によって微妙にまちまちとなっているので、その点は注意しなければなりません。

また、WEBサイトを見ても記載されていない、分かりにくい条件もありますので、その点はあらかじめ確認をしておく必要があります。

カードローン会社に共通して見られる即日融資の条件

カードローン会社によって即日融資の条件は異なりますが、共通して見られる条件は、

  • 審査に必要な書類が揃っていること
  • 指定の時間まで(午後3時までのケースが多い)に申し込みが完了していること
  • 借り入れ希望額が50万円以下であること

などがあげられます。

逆に考えると、審査に必要な本人確認書類や収入証明書などが無く、申し込みが夜間で、なおかつ50万円以上の高額な借り入れ希望金額の場合は即日融資をしてもらえる可能性が低いというわけです。

即日融資の条件に関する参考サイト「カードローン即日ガイド|即日融資可能なカードローン比較

 

即日融資に成功している方の多くが5万円や10万円などの少額の借入希望が多いので、もしすぐに必要なお金が10万円以内の場合、ほとんどの方が即日で借入が可能だと思われます。

もし午後3時前の申し込みで、免許証や保険証などの本人確認書類が揃っていて、なおかつ希望金額が10万円で借りられない場合は、すでに他社のカードローンやキャッシングを利用しているか、過去に返済トラブルがあると考えられます。

消費者金融で借りられる金額は総量規制の関係上、最高で年収の3分の1となり、これは全業者が合算されます。

年収300万円の方だと総額100万円、年収120万円の方だと総額40万円が限度額となるので、年収が違えば希望額も変えていく必要があります。借入件数は昔よりも審査が厳しくなっており、2社を超えると新たに借りるのは難しくなってきます。

2社から借入がある時点で、すでに総量規制の限度、またはそれ近くまで借りていることが多いからです。そもそも同じ会社から借入できるならば、普通は借入先を増やさないものでしょう。

借入件数が多いほどお金に困っていると判断されやすいですし、借入先が複数社あればすでに多重債務なのです。他社借入がないほうが、即日融資を受けやすいのは間違いないことです。

過去の返済トラブルとはローンやクレジットカードの延滞、債務整理などです。債務整理をすると5年以上はクレジットカードやカードローンの利用はできないので、その点は注意しましょう。

即日融資可能なカードローンでも余裕を持って申し込みをするのがおすすめ

即日融資の方法はローン会社によって異なることも多いので、事前に最短で借入できる方法を確認しておくのがベストです。一般的に即日で借りられる方法は、窓口、自動契約機、WEBからの振込融資などがあります。

ただし、同じ即日融資可の方法においても、融資スピードには差があることが多いので、ここはローン会社に確認しておきましょう。

会社によって窓口が最短のところもあれば、WEBからの振込融資が最短のところもあります。注意したいのは即日審査を謳っているけど、融資日数に関する記載がない会社です。

審査は即日で終了しても、契約手続きが複雑で数日かかる会社もあるため、こうした会社は最初から避けるべきです。WEBサイトに最短即日と記載されているローン会社を選び、あとは実際に連絡して最短の借入方法を聞いてみるのが確実でしょう。


地銀や信金のカードローンにはメリットがいっぱいある

カードローンといえば消費者金融やメガバンクだけと思っていませんか?最寄りの地方銀行や信用金庫だってカードローンを取り扱っているんですよ。

むしろ、地銀・信金だからこそのメリットも多く存在しています。ぜひ比較して自分に適したカードローンを見つけてみては?

地銀・信金カードローンがもつ地域密着型だからこそのメリット

メガバンクは全国にいくつもの支店を展開しており、信頼度もピカイチ。その点で地銀・信金が劣るのはごもっとも。

しかし、メガバンクにはない地域性をもつのが地銀・信金カードローンの魅力なんです。

地域によっては年齢層が高いところもありますよね?そういう地域には上限年齢が緩和されたカードローンが用意されています。年金受給者専用のカードローンなるものまで存在するほどです。

メガバンク・消費者金融のように「誰でも」「今すぐ借りられる」点では敵いませんが、「じっくり相談できる」「ある程度の融通が利く」点では地銀・信金のほうが有利といえるでしょう。

地銀・信金は普段から利用することも多く住宅ローンを利用者なら、カードローンの金利優遇を受けられるメリットがあります。給与振込み・年金受取りに口座を利用することを条件にカードローンの金利を下げることも。

地銀・信金カードローンがもつ地域密着型だからこそのデメリット

地銀・信金カードローンにも残念ながら多少のデメリットは存在します。

「大手銀行のカードローンと比べると金利が高いのではないか」と訝しがる人もいますが、大手銀行は800万円〜1000万円までとかなり大きい融資額ですよね?

そのため下限金利も低めに設定されています。けれど、融資限度額いっぱいまで借りられる人はそう滅多にいるものではありません。

一方、地銀・信金の融資額は最高でも500万円がいいところ。金利は融資額に左右されますから、地銀・信金カードローンの金利を高いのではないかと思ってしまうのです。

でも、大手銀行と地銀・信金のどこでカードローンをつくるとしても同じ融資額なら、さほどの差はないといえるでしょう。

来店不要で最短30分あれば契約できてしまうのが当たり前のメガバンク・消費者金融と比較すると、地銀・信金カードローンの申込みは手間に感じてしまうかも。

スピード審査をしているところが少ないため、即日融資に対応できるのは全国でも数える程度。さらに契約しても実際に利用できるまでには1週間ほどかかるなんてのまザラにあります

また、地銀・信金カードローンの多くは変動金利を取り入れているところが多く、金利が日々変動している可能性が高いです。事前に確認した金利が数日後に変わってしまうのは当たり前なので、申し込み前には最新情報を確認してからにしましょう。


クレジットカードのリボ払いよりカードローンの方が金利面でもメリットがある

クレジットカードのリボってご存知ですか?テレビCMで目にしたことがある人も多いのでは?クレジットカード会社はこぞってリボ払いを進めていますよね。

でも、実はクレジットカードのリボ払いを使うくらいなら、カードローンで借りたお金で買い物したほうが良いって知っていましたか?

身近な恐怖!クレジットカードのリボ払いで借金地獄にハマる

キャッシング経験はないけど、クレジットカードは保有してる人って多いと思います。クレカはいざってときに便利だし、社会人なら最低1枚は持ってて当然ですよね。

むしろ、社会人になってもクレカを1度も持たずにいると、住宅ローン・自動車ローンを組む時に不利と言われてるほど。

でも一度クレカを使うと、ついついアレもコレもと買ってしまいませんか?とくに、ネット通販は代引きを利用すると余計な手数料を取られるけど、クレカなら入力するだけで勝手に引き落とされるので楽チンです。

ついつい利用してしまうのがリボ払い。リボ払いを利用すれば購入金額にかかわらず、毎月一定の金額を支払えばいいのでちょっと大きい金額の買い物をするときには便利ですよね。

しかし、リボ払いは便利と甘く見ていると、知らぬ間に大きな債務を抱えてしまうこともあるんです。1回の買い物では感じにくいのですが、複数の買い物でリボを利用すると

  • いくら借入残高があるのか認識しにくい
  • 返済が何回残っているのはわからない

という事態に陥りやすいです。利用額が高くなればなるだけ手数料率も上がります。手数料率なんてわかりにくく表現されていますが、要は金利。

リボ払いを「分割払い」と同じ位置付けと勘違いしている人もいるかもしれませんが、リボ払いは「リボルビング払い」の略名で、これはカードローンでも利用されている貸付の返済方法。

つまり、実質的にリボ払いとカードローンは同じというわけです。キャッシングを毛嫌いしている人が、クレカのリボ払いを利用してるだなんてちょっと笑ってしまいますよね。

事実、リボ払いをキャッシングと同等と認識できていないまま、多重債務や借金地獄に陥る人はとても多いのです。

クレカのリボ払いよりカードローンのほうがオトク?

びっくりするかもしれませんが、カードローンの金利よりもリボ払いの金利のほうが高いんです。

リボ払いの金利は年15%が相場。一方、カードローンの金利は年2.5〜18%と金融機関によって振り幅があります。なかには上限金利で10%を切っているものも存在するほど。

消費者金融系より銀行系カードローンのほうが低金利の傾向にありますし、消費者金融系でも初めての利用で30日間は無利息をうたうものもあります。

リボ払いもポイントが2倍になったり、キャッシュバックなどのキャンペーンを行っていることも多いです。なかにはクレカを利用した後からリボ払いに変更することもできます。

でも、これだけリボ払いを取り上げて盛んに宣伝するのは、それだけリボ払いによって利益を得られるからにほかなりません。総合的にみてみるとカードローンほうがオトクに利用できるのではないでしょうか?

確かに、カードローンは申し込みをして審査を通過する手間がありますが、それはクレカを作るときも同じだったはずですよ。


人気のカードローン:プロミスの特長

プロミスは人気・知名度ともに抜群のカードローンです。利用者も増加していて、トップクラスの人気を誇ります。

プロミスのカードローンが人気を博している理由は、利用者にメリットとなる特長がいくつもあるからです。

まず、初めて利用する人に嬉しい特長は、30日間の無利息期間が用意されていることです。申し込みをして始めて借り入れした人は、30日間金利が適用されません。

30日の無利息期間内に返済してしまえば、利息ゼロでお金を借りることができます。お金を借りても利息を一切払わなくて良いので、初めての人にはおすすめのカードローンです。

しかし、人気がある理由は、30日間の無利息期間だけではありません。

申し込みから借り入れまでが速く、即日融資に対応していることも人気がある理由です。プロミスでは、ネットで申し込みして審査の通過後に自動契約機まで行けば、借り入れに必要なカードを手に入れることができます。

そのため、平日の14時を過ぎても即日融資を受けられる可能性は高く、一部の自動契約機は22時まで利用することが可能です。午後からでも即日融資でお金を受け取れるのは、とても大きなメリットです。

土日でも融資が可能なプロミス

さらに、プロミスの即日融資の特長は、平日だけではありません。

土日・祝日でも即日融資を受けられる可能性はあり、さらに一部の銀行のローン契約機でもカードの受け取りはできます。

お金がなにかと必要な週末も即日融資を受けられるのは、助かる人が多いことでしょう。

また、新規申し込み後に銀行振込で借り入れをするときも、素早く入金される特長があります。

審査完了から素早く入金するサービスとは、瞬フリです。瞬フリは、対応している銀行口座を登録しておけば、審査完了から約10秒で必要なお金を振り込んでくれます。

約10秒という短時間なら、ほとんど一瞬と言えるでしょう。

また瞬フリのメリットは、振込までの時間が短いことだけではありません。瞬フリは24時間対応しているサービスなので、平日でも22時までに契約が完了すればすぐにお金を借りることができます。

さらに平日だけではなく、土日・祝日でも瞬フリは対応可能です。もちろん土日・祝日も22時まで対応しているので、カードローンを利用したいときにほぼいつでも利用できるでしょう。

プロミスは女性でも安心してカードローンを利用できる

プロミスは、女性が安心して利用できる特長もあります。プロミスには、女性だけが利用できるレディースキャッシングがあります。

レディースキャッシングとは、対応するオペレーターが全て女性のサービスです。申し込みから借り入れ、契約後の返済まで全て女性のオペレーターが対応してくれるので、不安感を感じずに利用することができるでしょう。

対応するオペレーターが女性であること以外は、全て一般のカードローンと同じサービス内容です。

30日間の無利息期間もありますし、即日融資や瞬フリにも対応しているので便利なメリットも同じです。

こうした様々な特長があるために、現在トップクラスの人気を誇るカードローンとなっています。


人気のカードローン:アコムの特長

カードローンとして人気が高いアコムは、インターネットの公式ホームページから24時間いつでも好きな時間に、審査申し込みをすることができます。

公式ホームページから、「今すぐお申込み」ボタンをクリックし、お名前や生年月日、ご住所や連絡先などの個人情報のほかに、お勤め先の情報や借入希望金額などの必要事項を入力し、送信ボタンを押すだけで、審査申し込みが完了します。

キャッシングの実質年率は4.7%~18.0% 、利用限度額は1万円~500万円までとなっており、もちろん借りたお金の使途は自由で、利用可能金額(契約極度額)の範囲内であれば、何回でも繰り返し借入れをすることが可能です。

利用条件は、20歳~69歳までの安定した収入と返済能力を有する方で、所定の基準を満たす方であれば、アルバイトやパートの方であっても申し込むことができます。

アコムのキャッシングのメリット

アコムのキャッシングには、さまざまなメリットがありますが、まず、審査にかかる時間が最短30分と非常にスピーディとなっています。

朝、早めの時間に審査申し込みを済ませ、午後2時頃までに契約手続きを完了すれば当日中(最短1時間)に融資をしてもらえますので、あらかじめ契約手続きに必要となる本人確認書類である運転免許証(交付を受けていない方は各種健康保険証、またはパスポートなど)を準備しておきましょう。

また、融資希望金額や既存の借入金額が所定の金額を超える場合には、年収の分かる書類として収入証明書が必要となる場合がありますので、源泉徴収票や確定申告書、または直近2か月分の給与明細書などのコピーを準備しておくと、さらに契約がスムーズに進みます。

アコムのキャッシングは、アコムとの契約が初めての方、返済期日「35日ごと」で契約の方に限って、契約日の翌日から30日間は金利0円適用期間となりますので、もう少しで給与やボーナスなどが入る予定だけど借り入れをしたいという場合におすすめです。

返済のしやすさもアコムの特徴の一つ

アコムのキャッシングは、いつでも返済をすることが可能です。利用日数分だけ返済をする日数計算式なので、早く返せば返すほどお得になります。

35日ごとの返済にしたり、毎月、指定期日の返済にするなど、いつ、どのくらい返済するかをご自身の都合に合わせて選ぶことができますので、普段の生活を圧迫することなくゆとりを持っての返済が可能です。

返済方法も、インターネットの会員ページからはもちろん、コンビニエンスストアのATMや店頭窓口のほか、所定の口座への振り込みや、ご自身の口座からの自動引き落としも可能となっていますので、つい返しそびれてしまったという心配もありません。

このように、アコムのキャッシングは借り入れのスペックはもちろんのこと、返済も万全のサポート体制となっていますので、いつもお仕事に忙しいサラリーマンやOLのほか、自営業者の方からも高く評価されています。